71991a6b.jpg
9月になっても昼間はまだまだ暑い暑い〜。
涼を求めてメダカを眺めますがなんたって日なたなので
汗だくというかツユだくというか・・・。
それでも時折、ヒグラシのカナカナカナカナ・・・という鳴き声が聞こえ
夜になるとリーンリーンと秋の虫が合唱しています。

72ab9603.jpg
ところでこちら、濃いめのオレンジメダカたちを泳がせていた水鉢ですが
今朝、ごはんのとき見るとまったく姿が見えません。
もしや!と思い睡蓮の鉢を取り出して底を見ると・・・

5190e27b.jpg
あああ!やっぱりいたーーーーーーーーー!! ヤゴです。
メダカはたぶん少しずつ減っていたのだと思うのですが
浮き葉が多いため気が付かなかった私のミス・・・!
他の水鉢では早めに見つけてはヒレナガゴイのゴンちゃんと金魚のタラちゃんがいる1号池に
放っていたのですが(ヤゴは自分より大きいものは狙わないとのことで)。
これもビオトープの一環とはいえやはりガクゼン・・・。

86c21ede.jpg
水鉢リセット。さみしい風景です・・・。

44faea8b.jpg
オレンジ透明鱗たちは水槽で飼っていたので大丈夫。
増えてほしいけど無精卵が多いのが悩み。

c0e0258d.jpg
さてこちら、黄金ヒカリたちのいる鉢ですが、内壁がコケってきてます。
今までは水替えのときにごしごし洗っていたのですが
今年からはこれを残すようにしています(アオミドロがついたらそれはもちろん除去)。
こうやってメダカがしょっちゅうつんつんしています。

4eab8464.jpg
つんつん♪

0f16dc87.jpg
つんつくつん♪

7abaad2c.jpg
つつんつんつん♪

49b255e0.jpg
コケも食べているのかもしれませんが
コケによって繁殖し住み着いている微生物を見つけては食べているのではないかなあと。
なのでごしごしお掃除はなしということで〜〜、って
け、けっしてサボりたいとかそういうのではないですよ(; ゚∀゚ )

c40f29f6.jpg
こちらは大きな鉢植えを入れているためボウフラ対策に2匹だけメダカを泳がせていますが
ベビーが数匹生まれて無事成長しています。 ちょうど真ん中に小さな子が写っていますよ。
コケにアオミドロがよくつくのですが、それのおかげで
稚魚には隠れ場となって 生き残れたんでしょうね。掃除の手を抜いた甲斐があった。 



親はいなくなったけど現在室内水槽で稚魚が成長中!