3d2c57cb.jpg

暑さが厳しいせいか、ここのところ産卵がストップしたメダカさんが多いように感じます。
もっとたくさん産んでほしいな〜〜。

採卵など皆さんそれぞれ独自の方法があると思いますが
私の毎日のやり方もちょっと書いてみますね。

d399266f.jpg

各水鉢、プラケースから引き上げてきたホテイアオイがずらり。
ちゃんと順番を決めて並べてあるので、どのメダカがたくさん産んでいるかとか
把握できます。

1bd97202.jpg

ホテイアオイはぶんぶん振って水切りをすれば、卵が見つけやすくなります。
少々強く振ろうとも付着糸でしっかりついているのではずれたりはしません。

卵発見!あ、でも左側は白いので無精卵のようですね。

4cbffc6c.jpg

卵をひとつずつつまんではこちらの容器の水で指についた
ホテイアオイの根などを洗い落とします。
無精卵やそれらしきものはここでそのまま落とします。


c5c62473.jpg
隣の容器の水の中に卵を落としてゆきます。

9cf5304d.jpg

この洗う方の水はすぐ捨てないで毎日ためておきます。
無精卵と思っていた卵やうっかり落とした卵がちゃんと孵化していることがよくあるからです。

1ff2173d.jpg

ほらほらいました!こうやって時々見つかるんですよ。

まわりにある黒い点は何かの微生物らしくわっせわっせと泳いでいます。
これをスポイドで吸い込んで集めメダカにあげると喜んで食べます。

4cbd7a23.jpg

きょうの収穫は少ないなあ・・・

18e3f767.jpg

と、こうやって集めた卵は2日分ずつくらいいっしょにしてまとめてあります。
さてさて前日分までのを、無精卵を取り除いたり水換えの作業をしてゆきましょうかネ。

a0da648a.jpg

プラケースの上にガラス板を置き、そこに容器を乗せて点検します。
透明な状態なので卵の様子がいちばんよく見えやすいんです。

63cdf49c.jpg

お、メダカちゃんがたくさん孵化していますよ。
卵も目が見えていてカビもなくきれいな様子です。

もしあやしげな卵があったらピンセットで取り除き、無事孵化した卵の殻なども
取り除いて捨てます。

88fec7a8.jpg

別の容器に稚魚を移しますが底でふんばって出てこない稚魚のほうが多いので

0f21a73b.jpg

スポイドで稚魚を吸い取っては移してゆきます。
このスポイドは先の穴が小さかったので先端を少し切り落として穴を広げてあります。

f38e4b92.jpg

稚魚を全部移したら卵が流れないよう気をつけて水を捨て

e940b89d.jpg

前日に汲み置きしておいた水を足しておきます。
水道水でも大丈夫とは思いますが、もしこの直後に稚魚が孵化したら
すぐカルキの残った水にさらされることになるので
念のため前日に汲み置きしておいたものを使います。


メチレンブルーを使ったこともありましたが分量があっていなかったのか
卵をカビさせたこともあったりして私には向いていないようです。
やはり毎日ひとつひとつ目で確認するほうが安心なんです。

3ab82e39.jpg

卵の容器は奥まったスペースで保管しています。
ここは直射日光もほとんどあたらないため暑い日でも水温は26度以上にはならないようです。

そのため高温に弱いビーシュリンプの水槽もここで管理しています。

5ffa6aeb.jpg

さて、稚魚たちはそれぞれの容器のまま屋内二階の自室へと運びます。

水質はほとんど変わらないはずなのでまとめてひとつの容器に入れても大丈夫とは思いますが、
稚魚は水質の変化に敏感で弱いため、念には念をいれてそれぞれそのままで。

adac259b.jpg

45センチ水槽がふたつあって、左が今から入れる稚魚用水槽。
それらが少し育ってきたら小さい子を食べてしまうのを防ぐため右の水槽に移しています。

どちらにもごく弱いエアレーションを入れています。

6a029eba.jpg

じっくり時間をかけて水合わせしたあと放流します。
ここにはミナミヌマエビとピンクラムズホーンも入っていて
フードの残りをきれいにお掃除してくれるため水質が悪化するのを防げます。

底の赤玉土にはマシジミも入っています。

昨年は外のプラケースで稚魚を管理していたところやはり自然とグリーンウォーターになり、
でも稚魚を育てるにはその方がいいと聞いていたためそのままにしていましたが
育ってきた稚魚が小さい子を補食したり、グリーンウォーターが濃すぎて酸素不足になったのか
たくさんの稚魚を死なせてしまったので、今年はこうやってクリアな水で育てています。
このやり方で今年は稚魚の生き残る率がぐんとアップしました。


稚魚のフードはパウダー状で、一日6回くらいに分けて与えるのがよいと聞いています。
これが屋外だったら煩雑に庭まででなくてはいけないのでたいへんなのですが
室内だったら簡単です。

何より稚魚のかわいい姿をちゃんと眺めることができるのが嬉しい。

d072e5ab.jpg

右の水槽である程度大きくなったメダカちゃんたちはそれぞれ時期を見て
外の水鉢やプランター、池に放流しています。
まだひとまわり小さい体でも大人メダカに混じって元気に泳ぐ姿を見るのはとても楽しい。

こうやってたくさんのメダカたちがお庭デビューしていますが
一匹だけ稚魚水槽から卒業できない子がいます。

01c1bf53.jpg

以前記事でご紹介しましたが、身体が小さく背骨も大きく曲がっていて
先天的に平衡感覚に障害を持っていて縦にしか泳げないこの子です。

成長はかなり遅いですがそれでも一生懸命泳ぎ、
がんばってフードを食べる姿に、ぐっときます。
動画を撮ってみました。