49541922.jpg
メダカの採卵はもうすでにストップしているので
各水鉢や池に分散していたホテイアオイを集め枯れた葉はすべて思いっきりカットし
プラ鉢に浮かべてみました。
普段は風に揺られふよんふよん頼りなく泳いでいるホテイさんですが
こうして集合させてみると「盛り合わせ」って感じでなかなかいいですね。
今年新しく購入した斑入りホテイアオイも株が増えたので
まとめて室内で越冬させるつもりです。
でも猫がかじったり持ち出してそのへん水びたしということが 過去あったような…。

e30069b1.jpg


046cd3b7.jpg

d8cb6165.jpg
夏の間にどんどん伸びて水槽や水鉢を彩ってくれた水草たち。
このままにしておくと寒さで枯れてしまうのでもったいない。
残したいものを選んでヒーターを入れた水槽で冬越しさせる準備にとりかかりましょう。

e7605daf.jpg
ちなみにこれは昨年の冬越しの状態。
室内の窓際だったのでじゃんじゃん伸びましたが日当りが良すぎてコケがついたため
今年は屋外の水槽で越冬させます。

115cafb5.jpg
1号池の、えーと名前はなんでしたっけ?
すでに黄色くなっている葉もありますネ。

c1b080d5.jpg
2号池のウォーターバコパは水中葉部分はすでに紫っぽく変色しています。
これらのイキのいい部分をカットして

97eb4530.jpg
赤玉土(小粒)を敷いた容器に植え込みました。

728b6a4d.jpg
一日数時間日のあたる場所に置いた45㎝水槽に26℃固定のヒーターを入れています。
外気温が下がるのでたぶん20℃あたりで落ち着くのではないかと。
放っておいても夏にバンバン増えるから、
冬はとにかく枯らさないように、が 最低限の目的です。

2aa416fa.jpg
さて今度は器に寄せ植えした水草です。
水鉢に入れたものは茶ゴケがつきやすいんですよね〜。
カットしたものをざぶざぶ洗います。かなりコケが舞ってます。
シャワーをだーだー浴びせたりしてけっこう乱暴に洗うと枯れかけた葉も落ちるので
思いっきりやっちゃってください。

07d3a2ad.jpg
詰めてあったソイルや赤玉土もけっこう粒が崩れず残っているので
これもザルにあけて洗い流します。

8f9ab7fe.jpg
さて、ここからキレイな葉を選んでカットし植えてゆきます。

881c39b7.jpg
ピンセットは細身の方がだんぜん使いやすい。

48987734.jpg
これは上部分の葉は枯れかけていますがちょうど中央に脇目が出ています。
これが成長してきれいな葉がでてくるので残したいですね。

f95f43db.jpg
この脇芽のすぐ上でカットしてまわりの枯れた葉も取り除いて
これもまた植え込んでゆきます。
こういったのはなかなか繊細な作業ですが、けっこう好き。

3e024402.jpg
寄せ植え一丁出来上がり。

e6616897.jpg
これはここしばらく見て楽しみたいので、黄金セルフィンのいるミニ水槽へ。
もっと寒くなってきたら先ほどの加温水槽へと移します。

8f225dbf.jpg
これは先日トリミングして植え込んだばかりですが
もう伸びてきている葉があるのでカットして植え直します。
水草には脇芽の出るものとほとんど出ないものとがありますが適当なとこで
カットしておくとそのすぐ下の葉から脇芽が出てくることがよくあります。

トリミングについては過去にも記事を書いているのでよろしかったらコチラもどうぞ。

bad687c1.jpg
この寄せ植えは水鉢から引き上げたものですがふと見ると
根元の部分にエビちゃんたちが! こういうことしょっちゅうあるんですよ。

c74cc27f.jpg
コケがついてきたらエビ水槽に入れてお掃除を頼んでいるので
そのとき隠れていて水草と一緒に移動しちゃうみたいですね。気がついて良かった。

a7a0d2d1.jpg
来年も美しい姿を見せてくれますように。

◎この作業は数日前に行ったものですが、急に寒くなったので早めにやっといてよかった。