f9ed5a11.jpg
「あさでしゅよ、起きてくだしゃい」と
ベッドの端をかじかじ噛む音で目覚めます。

05043a19.jpg
「沙羅ちゃん、きょうはいつもより遅いですね。6時過ぎてますよ」
「おねぼうしたのでしゅ。それよりごはんごはん」

3838f49a.jpg
身支度を調えて庭に降ります。
その日に水換えする予定の水槽、水鉢の水を減らして
合間合間にちょっとずつ水を足してゆく準備。

ローテーションで一日、ひとつかふたつの水換えをします。
沈殿物が多いとポンプを使い床材の掃除を兼ねて、底の水を抜きます。

41e04410.jpg
落ち葉が目立って多いようだと広い場所はほうきで掃いたり
トングではさんで拾い上げてゆきます。

a4cb5ce2.jpg
お次は水撒き。太陽が当たる前に行います。
日光で土の温度があがってから水やりをすると土の水分温度が上がり
根を傷めてしまいますから。

481e42c8.jpg
水撒きをしながら各水鉢チェック。 うんうん、今日もきれいに澄んでいるね。

45bcb48b.jpg
しっぽ池のある反対側、西部地区にもまんべんなく水を播きます。
草の茂みに子猫が隠れていて、
シャワーにびっくりして飛び上がって逃げたことも(笑

88006a21.jpg
ニラの花が咲き始めていました。愛らしくてしばしうっとり。
・・・でもやはりニラの匂いが結構・・・。

d4938bdc.jpg
大人猫が食事を終えてどこかに行ってしまって
しばらくしてこにゃんずがやってきたので
隠しておいたマグロの切り身をあげました。
「おとなのみにゃさんには内緒だよ。ふふふ」

41481e7e.jpg
って振り向いたらすぐ目の前にな~にゃが! こ
んな近距離でじっと見られて「ごめん」とつい謝ってしまいました。

17241422.jpg
そうそう、水鉢にちょっと水を足して、っと。

27e28149.jpg
さてようやくメダカちゃんたちのごはんタイム。
さっきから私の移動にあわせて右に寄ったり左に集まったりして
待ちわびていたようです。

49a4be5b.jpg
黄金水槽のみなさんにも。おまちどうさま。

056e6c5a.jpg
何かみんな怒ってる?あ、沙羅ちゃん目覚ましが今日は遅れてたから・・・。

70ba0b1b.jpg
今年生まれの点目(F2)水槽。すっかり成長しました。

907cf112.jpg
メダカたちへのフードはメインがパウダー状のもの。
水槽、水鉢、池と一周フードを与えて最初に戻るともう食べきっていて
まだ足りない~~とガラス面に詰めかけていたりするので
次は乾燥糸ミミズを様子を見ながら少しずつ粉にして与えます。
これもやはり、庭一周。

29c03493.jpg

c32ee13f.jpg
水が減っているところへ足し水をしてゆきます。

ebeb94c9.jpg
1号池にも。

32ff911a.jpg
そして2号池。

45037554.jpg
2号池の水もすっきり澄んでいます。
水槽の水の濁りは水換えなどしないとなかなか取れませんが
屋外の池や水鉢は最初のセット後濁りが出ても数日すると
一晩で急に透明な水になったりします。
露天にさらされているぶん、水槽よりも生物ろ過の働きが速いということでしょうか。

4acd0dca.jpg
水足しと同時に、水面のゴミなども取り除きます。

054395f1.jpg
大きい3号池の水足しはシャワーを霧にセットして
高い位置から落とすように入れてゆきます。
こうするとカルキもほとんど抜けるとか。
最初は心配でしたがメダカや金魚たちは元気でいます(例:めめちゃん)。

5185ea1a.jpg
やけにメダカたちが集まってくるなと思ったら、
一回目のパウダーフードをあげただけだったので まだ食べ足りないようです。
ハイハイ、乾燥イトミミズですよ~~。

7609cad7.jpg
めめ・・・。落ち着け・・・。

ba936322.jpg
水槽の内側にうっすらとコケが見えると、アクリルたわしで拭き取り掃除をします。
コケを水中に散らばせないようにガラス面に密着させてまず一面を拭き、
その都度洗面器に入れた水で洗います。

286e3ba3.jpg
こびりつく前のコケは簡単に落ちますし、ひとつの水槽に2分とかかりませんから
毎日ローテーションでやってゆくと、水槽はいつもぴかぴかです。
そしてこの作業をやり始めてから水の濁りがなくなりました。
緑水になることもありません。

68c985ba.jpg
水換えもまとめてやろうとするとガラス面の汚れの落ちも悪いし重労働となるので
毎日、ちょっとずつ行うようにしています。

90131914.jpg
きょうは幹之さんたちの住む水鉢、ここ掃除しようかな。
鉢の内側の汚れが気になるのでやはりアクリルたわしでさっと拭き、
水中のゴミはアミですくい、増えすぎた浮き草はカメの松子竹子にあげます。

c03c0b23.jpg
結構美味しいらしく、バクバク食べてくれます。

15a80ff1.jpg
水草にもコケがついていたので、これはエビ水槽の
「しっぽ工務店ビーチェリ支局清掃課」に託します。

c88eaaa5.jpg
特に大がかりな掃除をしなくとも
定期的なこの程度の作業できれいに保つことができます。

638be38a.jpg
以上が朝のだいたいの作業の一連です。ふー。
たくさんあるようですがそれぞれにかける時間は短いので
30分もあればひととおり済みます。

たとえば一週間に一度まとめてやればそれはもうたいへんですが
毎日こまめにやることで合計の労力は、半分くらいだと思います。

576f4254.jpg
何よりメダカちゃんが可愛くて好きだから、
メンテナンスがたいへんだなんてちっとも思いません。
元気で快適に過ごしてもらうために、世話も楽しんでやっています。
いえ、お世話させていただいております、かな。

◎酷暑も終わり早朝は肌寒いくらい。
メダカのいる水に手を入れるとかなり冷たくてちょっと切ない気持ち。