72a1b102.jpg
恥ずかしながらまた掘ってしまいました。第2号池です。

87906a70.jpg

右の1号池との位置関係はこんな感じ。
こちらも遮るものがなく日当たり抜群のロケーション。

45804210.jpg

1号池と同じプラ舟、レンガで作っていますが中の構造はまったく違い、
33センチ深のプラ舟に、25センチ近くまで赤玉土を入れています。
今回は「熱帯睡蓮を大きく育ててみたい」というコンセプト。

熱帯睡蓮は鉢の大きさにあわせて育てることができる、ということなので
「じゃあプラ舟でのびのびと育てたらどこまで成長するか挑戦してみよう!」
と意気込んでおります。
右上に鉢を植え込んでいますが苗が届いたらそこに鉢と入れ替えに
ぽこっと直植えする段取りです。

0828c315.jpg

やはりメダカを入れるつもりですから全面に土を敷き詰めてしまうと
すべて浅瀬となり夏の水温上昇が予想されますので
メダカたちの避難場所として寸胴型の鉢を置きました。

d9a071a0.jpg

ヒビが入ったのか水漏れするようになり普通鉢として使っていましたが
植え替えしてちょうど空いていたので
そうだ、コレをメダカの避難場所に!と 思いつきました。
直径約40cmに高さが25cmありますから 30リットルは水を確保できます。
中に浅く土を敷けば 水草を植え込むこともできますね。

b1259dcb.jpg

傷んだネギを植えているのではありません。
杜若園芸さんで購入した「カンナ・グラウカ」の苗です。
背丈は80~150cmくらいまで伸び、黄色い花をつけるそうです。
手前は「ブルーベル」で50~100cmくらいの丈となり 夏に淡い紫の花を咲かせるそう。
熱帯睡蓮以外にも楽しみが欲しくて購入しちゃいました。
他にもよさげなものがあったらちょこちょこ植える予定。

75b378f1.jpg

池の奥に咲いているスノーフレークの下にはベニカタバミ、
その右ふたつはワイルドストロベリーをそれぞれ植えました。
どちらも成長の速い植物ですから緑をぐんぐん広げてくれることでしょう

1defa297.jpg

手前の花壇はビオラが今、真っ盛り。
左の緑のもっこりはレモンバームというハーブでこれもわーっと大きく広がります。
しかし今回の穴掘りは苦労しました。
土を少し掘ったら握りこぶし大以上の石が大量に埋まっていて
がっちり土に食い込んでいるのを一個一個掘り起こしながらの作業ですから
なかなか掘り進めなかったんです。
奥にずらり積まれている石群、あれがその石です。

ad52e583.jpg

さて1号池の方は・・・

bdbebb45.jpg

メダカたちは寒さにもかかわらず元気です。
細かいレイアウト変更やらバージョンアップやらありますので 詳細はまた後日。


◎本当は熱帯睡蓮も導入して完成に近づいたら公開するつもりでしたが、
隠しゴトが出来ない私。