0354b270.jpg
水替えを二週間に一度、1/4〜1/3行っているためかメダカやエビたちも元気。
でもやはり水質検査しておくことにしました。
基本は一週間に一度ですが先日試験紙を初めて購入して測定したところ
適正値だったため安心してしまいそののちサボってしまってました。

5002f28c.jpg

ご使用になっている方も多いですよね。
「テトラテスト 6in1水質検査試験紙」。
●ペーハー ●炭酸塩硬度 ●総硬度 ●亜硝酸塩 ●硝酸塩 ●塩素
この6項目をチェック出来ます。
しかし25枚入り1,280円とチト高い。 現在水槽が大小あわせて5個あるため
一週間に一度のテストだと 5週間でなくなってしまう。
そこで一枚を縦にカットすると、あら、50回分に(笑
そして結果がこちら。

88f4df51.jpg


なんと「室内子供水槽」の硝酸塩値が基準値を越えて「50mg/1ℓ」!
それ以上に「屋外メダカ水槽」の「100mg/1ℓ」は高すぎです。
硝酸塩濃度が上がると水は酸性に傾くと聞きましたが
それはまだ大丈夫なよう。
硝酸塩を吸収する水草はどっさり入っているけれど
ずっと寒かったため外で本格的な掃除がつらく水替えも滞りがちで
しかも水槽に対してメダカとヤマトヌマエビの数が多い。
実家から結構な数が引っ越ししてきたのを
「春になったら庭の水鉢に移すからその間だけネ」と
甘い考えで同居させたのがまずかった。

昼間は暖かい日が続いているので思い切って水槽の大掃除、というより
床材のソイルもかなり崩れてきたのでリセットを決行。

d98f45f0.jpg

まずは水草などすべての取り出しから。

5a33d28b.jpg

「何?何が始まるの?」と不安げなメダカたち。
「ふふふ、いいことだよ〜」。

6397a541.jpg

fe8d739f.jpg
おろおろウロウロ。うーん、60㎝水槽とはいえやはり数が多いかナ・・・。

bb67ae58.jpg

こんなに大きいとは思わず購入したネット。 ほとんどウチワ(笑

7fbced78.jpg
おかげでひとすくいで 大量に捕獲できます。

a29ab2fd.jpg

cea98c2e.jpg
一時避難の水草とメダカ。右のボールがヤマトヌマエビ。

c282f559.jpg

ろ過砂利が足りなかったので粒状活性炭と半々に敷き詰めました。

fe7539c8.jpg

急激な温度低下が心配だったので水槽にまず半分ほど汲み置き水を入れ
ヒーターで暖まったらメダカとエビのボウルを浮かべ
さらに水槽に足し水作業続行。

89e501f9.jpg

麦飯石溶液を投入し庭作業をしながら3時間ほどかけ水合わせをして
メダカとエビを放ちました。

8856d3b7.jpg

そうそう、数の多すぎたメダカは 半分ほど金魚水槽へ。さて翌朝には
どんな様子となっているでしょうか。

【補足】 フレックスの「麦飯石溶液」は投入すると白濁しますがフィルターを作動させると
約一晩で透明な水になります。 水鉢でのメダカ飼育などフィルターを使用しない場合は
白濁りを極力抑え不純物をすばやく吸着しメダカに必要なミネラルを溶出する
「メダカの水」が向いているそうです。


「なんですかこの硝酸塩の値は!」というより実際は「なんじゃこりゃ!!」と吠えました。