2010年10月

最近記事タイトルが長いですね、私。 内容を簡潔にまとめるのが難しいというか、まとめなくてもいいんじゃねえか、というか。夏目漱石の小説や書簡が好きで文庫本をよく読んでいますが あの頃の小説のタイトル、いえ題名って簡潔で渋い。 漱石だと代表作の「こころ」や「それ ...

寒い日が続いたので「もう冬・・・」と寂しい気持ちになりがちでしたが庭の緑はまだまだ元気な方たちばかり。 どんどん芽吹くミントが日差しを受けまぶしく輝いています。こちらはミントの花。シソ科の花は淡い紫が多いですね。ミニバラの「グリーンアイス」。 基本は白です ...

メダカの採卵はもうすでにストップしているので 各水鉢や池に分散していたホテイアオイを集め枯れた葉はすべて思いっきりカットしプラ鉢に浮かべてみました。 普段は風に揺られふよんふよん頼りなく泳いでいるホテイさんですがこうして集合させてみると「盛り合わせ」って感 ...

恒例のしっぽ庭ツアーも兼ねて今日は、 我がしっぽ庭をメダカ展覧会会場に見立て私自身も来客のひとりとしてしっぽ庭を訪れレポートを書く・・・という趣向を凝らしてみました。 毎回ツアーのたびに遭難者が出るそうなので、皆さん気を付けつつ楽しみましょう。階段を降りると・ ...

今でこそ我が者顔で3号池を活発に泳ぎ回っているめめちゃんですが ここに入る前はいろいろありました。 これまでに少しずつ記事に書いていたことをまとめ裏話も付け加えちょっと長くなりますが今日はそのへんのお話を・・・。5月3日、金魚すくいの達人によりウチに持ち込まれた ...

画像のストックをなんとなく見ていて、表情のあるメダカちゃんを見つけるとこっちまでニコニコしちゃいます。 このコは「くすっ」と微笑んでいる感じで愛らしい。 次はスゴイですよ。「あっ!ゴハン見っけ」って嬉しそうでしょ。 かわいいなあ!◎相手に笑ってほしかった ...

大人メダカさんたち全員を3号池で越冬させるために、いよいよ水合わせ・放流です。少しずつは進めていましたがハーレム水槽に最後に残った皆さん。パンダちゃんもアルビノさんも。シルバーさんや青パールさんも。幹之さんたちもダルマ体型を除いてお引っ越しです。まだ太陽の ...

昨夕、黄金メダカや幹之など水合わせ→放流してまぶしく派手になった3号池を今朝撮影しようと思いましたがあいにくと雨が降ったり止んだりの曇天。ということでメダカのいなくなった水槽や水鉢の掃除をしたり水草のトリミングなどの地味だけどけっこう楽しい作業を行いました ...

メダカたちの冬越し計画を考えているうちに、うっかり自分が冬眠しかけていました。まだ充分使いこなせていませんが、今回からデジタル一眼レフの画像がメインです。 幹之さん、かなり青味が強く写っていますね。さて昨年は池がまだなく水鉢と水槽のみ、しかもメダカの数も少 ...

↑このページのトップヘ